Title

Sogdian translators in Tang China : an issue of loyalty

Document Type

Journal article

Source Publication

Ritsumeikan Studies in Language and Culture

Publication Date

9-1-2010

Volume

22

Issue

1

First Page

95

Last Page

105

Keywords

Translation in Medieval China, Translator's manipulation, Translator's ethics, Sogdian, Translation patron

Abstract

This article examines events in Tang China’s standard record that document the ruling clique’s suspicion of non-Chinese interpreters in the imperial court in its dealings with foreign peoples from the Mongolian steppes. The paper is structured into four sections: first, an introduction to the cosmopolitan mindset of Tang China: second, a discussion of Sogdian translators; third, a gist account of the political tension among China, the Uignurs, and the Kirghiz; and finally, the examination of two archival pieces of evidence which point to late Tang China’s suspicion of the integrity of the Sogdian translators in the central government.

言語は、人間の交流には不可欠である。多言語的で多文化的なコンテキストにおける言語の社会的機能は、翻訳を通じて高められる。翻訳は、異なる言語を話す人々によって表明される考えのあいだを架橋し、人々の聞いてもらえる権利や知らされる権利を保障することによって社会的正義を促す。しかし、異なる言語を話す人々のあいだで社会的正義を促進するという翻訳の建設的は役割は、翻訳者が信用できるという仮定に基づいて主張されている。だが、翻訳が私的な目的のために役立つよう操作されることで、正義は損なわれうる。本論は、唐(618-907)とトルコ語を話すウイグル人(744-839)との交渉におけるソグデイア人翻訳者の翻訳が偏っているという主張について考察する。この考察は、翻訳者の誠実さが国家間政治において問われていたことを示す公的な史料に基づいてなされる。ソグデイア人翻訳者に対する唐の朝廷の増大する疑念は、彼らとウイグル人との民族的かつ経済的な関係に向けられていた。しかし、これは正当であったのだろうか、あるいはこれらの非中国人翻訳者たちは、根拠のない非難に基づいて不当に扱われたのだろうか。本論は、晩唐の政治における翻訳依頼者と翻訳者双方から「正義」を検証する。

Print ISSN

09157816

Publisher Statement

Access to external full text or publisher's version may require subscription.

Full-text Version

Publisher’s Version

Recommended Citation

Lung, W. C. R. (2010). Sogdian translators in Tang China: An issue of loyalty. Ritsumeikan Studies in Language and Culture, 22(1), 95-105.