Title

家を出てゆく娘たち : 香港映画の中の女性アイデンティティ

Document Type

Journal article

Source Publication

アジア遊学

Publication Date

1-1-2002

Volume

43

First Page

80

Last Page

94

Abstract

本稿では、香港映画における女性アイデンティティの五十年代から九十年代に到る主要な変化を論じる。中でも私が特に集中して論じたいのは、娘たちのアイデンティティの変化である。何故か?実は若い娘というのは五四文学以来、社会或いは家庭において一種の革新的な力を代表していて、彼女たちの革新は、若い男性のそれと比べてもずっと意義のあることだったからだ。彼女たちは同世代の男性のように父権社会の中での優位を公然と継承することも無く、故にその変革は開拓者としての意味合いがより強かったのである。

Recommended Citation

黃淑嫺 (2002)。家を出てゆく娘たち : 香港映画の中の女性アイデンティティ。《アジア遊学》,43,80-94。

This document is currently not available here.

Share

COinS